プロのマッサージ資格を習得|資格取得で真のマッサージ師

系統立てた学習プログラム

勉強

まず解剖学を学びます

日本においてあん摩師は、奈良時代くらいから活躍していた職業です。それほど古くから受け継がれてきた治療法ですから、当然ながら国民にも広く普及しています。そうしたあん摩師ですが、戦後に法律を改正する際に、マッサージと指圧を含めることになりました。そのため現在は、あん摩マッサージ指圧師という資格になっています。そうしたあん摩マッサージ指圧師の資格を取得するには、専門学校に通わなければなりません。専門学校に通うなかでまず学ぶのが、身体の仕組みを理解するための解剖学です。解剖学で学ぶ内容というのは、単なる基本ではなくて、最終的な臨床にも活かされます。そのため解剖学は、あん摩マッサージ指圧師の専門学校で、卒業まで繰り返し学ぶ科目です。

身体の機能を学ぶ生理学

このように解剖学を学んだ後には、一般的に生理学を学びます。生理学というのは、身体の機能を学ぶことが目的です。例えばあん摩マッサージ指圧師の治療は、身体の疼痛の改善を大きな目的にしています。しかし身体の疼痛を改善するには、痛みがどのように発生するかを知らなければなりません。その点で生理学を学ぶと、疼痛が発生する仕組みを理解するきっかけになります。ただしこの生理学を学ぶためには、解剖学的な知識が基盤にないと、成果を発揮できません。このようにあん摩マッサージ指圧師の専門学校では、系統立てた学習プログラムになっています。したがってあん摩マッサージ指圧師の専門学校に通うと、無理なく学習することが可能です。